即成院

阿弥陀如来・二十五菩薩(重要文化財) 阿弥陀如来・二十五菩薩(重要文化財)

 泉涌寺総門前北側の即成院は、伏見長者と称された橘俊綱の創建で、元伏見大亀谷に所在したが、明治維新の廃仏毀釈で無住となる。そのため、泉涌寺塔頭で本寺の法安寺と合併し、明治35年(1902)、現在地で再興された。

二十五菩薩お練供養 二十五菩薩お練供養

 現世極楽浄土とよばれる即成院内陣の本尊・木像阿弥陀如来坐像並びに二十五菩薩坐像(共に重文)は、藤原期の造顕で、観音・勢至をはじめ歌舞音曲のすべてが揃い、阿弥陀来迎の歓喜をまのあたりに想わせる御姿の仏像で、現存例は他にない。毎年10月第3日曜には二十五菩薩お練供養が御詠歌講の来迎和讃にあわせて行なわれ、参詣者で賑わう。
 また境内には、屋島の合戦で知られる源義経の臣・那須与一宗高の墓が祀られ、『願いが的へ』と願い事を扇に書いて祈願される方が多数お参りされる。