2018年1月10日(水)〜3月18日(日) 舎利殿公開について

総合

2017年10月30日

京都市・公益社団法人京都市観光協会主催の第52回京の冬の旅
非公開文化財特別公開〜秘められた京の美をたずねて〜の一環で、
通常12年に1度の辰年のみ公開されている舎利殿を1月10日(水)〜
3月18日(日)の期間中、特別に公開致します。

当山舎利殿は京都御所から移築され、天上には狩野山雪の「龍図」が
正保4年(1647)に描かれています。

また中央には安貞2年(1228)請来の仏牙舎利が、両脇は韋駄天・
月蓋長者(いずれも国重要文化財)が納め
参拝志納料は個人800円(小学生以下・身体障害者手帳所持者及び
その介添人1名は400円)、団体720円(15名以上、小学生以下・
身体障害者手帳所持者及びその介添人1名は360円)をお納めください。

尚、詳しいお問い合わせは京都市観光協会(075-213-0020直通)に
ご連絡ください。

記事一覧へ