舎利殿

蟠龍図 蟠龍図

 舎利殿は、釈迦の歯(仏牙舎利)を奉安する貴重な霊殿である。慶長年間、京都御所の建物を移築改装したもので、仏殿と同時代に現位置へ移された。開山俊芿律師が熱願された舎利を、弟子の湛海律師が安貞2年(1228)に宋朝より将来して祀られたものである。現在同時に将来された韋駄天像・月蓋長者像(共に重文)とともに内陣に奉祀されている。毎年、請来の日とされる10月8日(旧暦9月8日)には舎利会法要が営まれ、多くの参拝者でにぎわう。

 また舎利殿は謡曲『舎利』の舞台としても名高い。天井には狩野山雪筆の雲龍図が描かれ、「鳴龍」としても知られている。
 

内陣 舎利塔 内陣 舎利塔


 舎利塔の中には、仏牙舎利が納められ、左右には月蓋長者・韋駄天が従う。謡曲『舎利』はこの仏牙が盗まれ、韋駄天が取り返す物語である。

十六羅漢図 十六羅漢図


 御内庫左右の板壁面に各八体ずつ描かれた十六羅漢像で、第六代・木村了琢の筆。寛文8年(1668)に完成している。

十六羅漢図 十六羅漢図