泉涌水屋形 浴室 鎮守

水屋形(京都府指定文化財) 水屋形(京都府指定文化財)

水屋形
 浴室の東南山裾には寺名の起源となった名泉が、今も尽きることなく涌き出ている。それを覆う屋形は、仏殿と同じ寛文期の建物である。

浴室 浴室

浴室
 下り参道右側にある切妻式の建物が浴室である。明治30年(1897)現在地へ移建されたが、寛文期再興の建物である。

鎮守社 鎮守社

鎮守社
 参道をへだてた北側の森の中に、ひっそりとしずまる小社が当山の鎮守社で、稲荷大明神が祀られている。