海会堂

 海会堂は京都御所内の御黒戸を移築したもので、歴代天皇、皇后、皇族方の御念持仏30数体が祀られている。方形土蔵造り塗り込めの御堂で、外面は白壁塗り、床も高く御屋根は宝形造り本瓦葺きである。内陣に安置される御厨子入りの御仏体は大小様々であるが、各時代の代表的仏師が心をこめて彫像しただけあって、いずれも素晴らし御尊像である。
 この御堂の本尊は阿弥陀如来坐像で、開山俊芿律師像(府指定)をはじめ、当山の諸尊像や位牌も併祀され、ここでは日夜勤行が行われている。

阿弥陀如来像 阿弥陀如来像

不動明王像 不動明王像