年中行事

1月1日〜3日修正会
1月成人の日泉山七福神巡り(山内寺院)
1月大般若法要
2月節分星供法要
3月14、16日涅槃会
3月15日常楽会法要
3月春季彼岸会
4月1日〜8日開山忌法要
5月25日大般若法要
7月14、15日盂蘭盆法要
9月2日静寛院宮法要 薮内献茶式
9月大般若法要
9月秋季彼岸会
10月7、8日舎利会法要
12月31日結界諷経(涅槃会、舎利会には月輪末生流献花)

御例祭法要・御合祭法要

(下の御法要には宮内庁から御代拝)
1月6日新年御参詣
1月7日昭和天皇御例祭法要
1月11日英照皇太后御祥忌法要
1月17日新年御合祭法要
1月30日孝明天皇御例祭法要
4月8日昭憲皇太后御祥忌法要
5月17日貞明皇后御祥忌法要 表千家献茶
6月16日香淳皇后御祥忌法要 裏千家献茶
7月10日盂蘭盆御水向法要
7月17日盂蘭盆御合祭法要
7月29日明治天皇御例祭法要
12月22日大正天皇御例祭法要
12月28日歳末御参詣

御月並法要

1、15日仏殿、鎮守法要
4日解脱会法要
7日昭和天皇御法要
8日開山月忌
10日昭憲皇太后御法要
16日香淳皇后御法要
17日四条天皇、貞明皇后御法要
21日御影供・先師忌
25日大正天皇御法要
29日明治天皇、孝明天皇御法要

修正会

泉山七福神巡り(山内寺院)

 昭和26年(1951)以来、泉涌寺山内の七福神めぐり(毎年成人の日)は、新春恒例の行事として年々盛大になっている。
 即成院に福禄寿、戒光寺に弁財天、観音寺に恵比寿神、来迎院に布袋尊、雲龍院に大黒天、悲田院に毘沙門天、法音院に寿老人がそれぞれ祀られている。
 なお、当日は、七福神の外に番外として新善光寺の愛染明王、観音堂の楊貴妃観音を含め、福笹を持って順次吉兆をいただいてお参りする人々で山内は大賑わいである。

吉兆のお授け

大般若法要

星供法要

涅槃会

常楽会法要

春季彼岸会

開山忌法要

大般若法要

盂蘭盆法要

静寛院宮法要 薮内献茶式

大般若法要

秋季彼岸会

舎利会法要

皇室の菩提寺として知られる真言宗総本山御寺泉涌寺には、三国伝来の佛牙舎利が安置されています。古来より舎利の寺としても名高く、謡曲『舎利』は、泉涌寺を舞台にした速疾鬼と韋駄天の物語であり、観世流能楽師 片山清司氏の絵本『舎利』にも分かりやすく描かれています。非常に霊験のあらたかな舎利は、歴代の天皇・皇族をはじめ、織田信長や豊臣秀吉もその御利益にあやかろうとした程です。舎利を祀る御堂を舎利殿と呼び、天井には狩野山雪の描いた『鳴き龍』があり、広く「西の鳴き龍」と呼び、日光薬師堂の鳴き龍と共に東西の一対をなしていますが、当堂は一般公開されていません。

舎利伝来の縁日である10月8日に行われる『舎利会法要』へ特別に参列し、佛牙舎利の霊験に浴して頂きたいと存じます。その後、御寺の精進料理をいただき、当山長老猊下の法話会にご参加いただきます。
詳細は泉涌寺にお問い合わせください。

舎利会法要

結界諷経(涅槃会、舎利会には月輪末生流献花)

新年御参詣

昭和天皇御例祭法要

英照皇太后御祥忌法要

新年御合祭法要

孝明天皇御例祭法要

昭憲皇太后御祥忌法要

貞明皇后御祥忌法要 表千家献茶

香淳皇后御祥忌法要 裏千家献茶

盂蘭盆御水向法要

盂蘭盆御合祭法要

明治天皇御例祭法要

大正天皇御例祭法要

歳末御参詣

仏殿、鎮守法要

解脱会法要

昭和天皇御法要

開山月忌

昭憲皇太后御法要

香淳皇后御法要

四条天皇、貞明皇后御法要

御影供・先師忌

大正天皇御法要

明治天皇、孝明天皇御法要